疼痛性障害を治すために~ブレインサクセスオペレーション~

頭を抱える男性

MENU

激しい痛み

疼痛性障害は詳しい検査を受けたとしてもその原因がハッキリしないので、なかなか判断が難しい障害の1つなのです。疼痛性障害はその名の通り激しい痛みが起きてしまうので、自分では何をしたのかわからずに悩んでいる人が多いのです。そんな疼痛性障害は現代の医療技術によって少しずつその真相が明らかになりつつあります。最近わかったことは疼痛性障害が脳の活動に異常があると激しい痛みが起きてしまうということです。または遺伝子に問題がある場合も同じように激しい痛みに襲われることがあり、疼痛性障害だと判断できるのです。
疼痛性障害には様々な種類があります。例えば頭を誰かに締め付けられているような痛みを感じる場合や、ピリピリ、チクチクといった針で突かれているような痛みがする場合などもあります。このような痛みは脳が基本的に多いのですが、背中や足、手首などに現れることがあります。全身どこにそのような痛みが起きても疼痛性障害なら一般的なことなので、覚えておきましょう。発症する原因は人によってそれぞれ異なりますが、大きな施術を受けた後や、体に大きなダメージを受けた場合などが主とされています。
しかしこのようなダメージを受けてからすぐに疼痛性障害になるというわけではありません。発症する時期は人によってそれぞれ異なりますが、その痛みは長く続くことが特徴です。長い人であれば、数ヶ月の間激痛が現れることもあるので、すぐに対処しなくてはいけません。基本的に疼痛性障害を対処するためには、痛み止めを使用しても効果がありません。そのため病院でしっかり判断してもらうことが大切なのです。
疼痛性障害は原因を判断することが難しい病気だと言われているので、腕の良い医師でなくて疼痛性障害だと思われないことも多いのです。家族や友人に話しても原因がわからない場合には本当に信頼できる病院に相談してみましょう。ここで初めて疼痛性障害だとわかることも多いので、病院選がとても大切です。

CONTENTS

医者

受診する準備

疼痛性障害などの特殊な疾患は原因を自分で探ることが難しいので病院に依頼することが多いのです。しかしどの診療科に行くべきか、どんな準備をしておくべきか気になることが多く不安に感じている人も多いので準備すべきことを説明します。

スーツの男性

身体表現性障害を学ぶ

自分では痛みや痺れなどをコントロールできない状態になってしまうことがあります。そのときの状態を身体表現性障害といい、疼痛性障害や、身体化障害、転換性障害などもこれに分類されます。