疼痛性障害を治すために~ブレインサクセスオペレーション~

医者と赤い服の女性

感覚の役割

医者

痛みには様々な種類がありますが、実際に痛みを受けるようなダメージを受けていないにもかかわらず痛みが出てくる場合や科学的に理解できない痛みが生じるものがあります。その中でも特徴的なものが疼痛性障害です。このタイプの疾患には特殊な痛みを感じるものが多いので、それらの痛みについて何を訴えているのか判断できるようになりましょう。一般的に痛みを感じる場合というものは、刺激を受けることによって生じるものですが、怪我などの刺激がなくても痛みを感じる場合があります。また痛みは神経が麻痺しているkとおで感じないこともあります。代表的な例として糖尿病患者は手足が麻痺している状態がありますが、そのときには痛みを感じなくなってしまうことがあるのです。その状態では自分でも痛みがあると判断できなくなってしまうので、それが続くと次第に化膿することがあるのです。その状態がもっと長く続くと腐敗してしまうこともあるので早めに対策しなくてはいけないのです。早めの対策ができていれば、腐敗してしまったとしても修復できることもあるのです。このように痛みが無ければ体の異常に気付かなくなってしまうので、人間の体には必要不可欠な存在なのです。しかし痛みが必要ない状態でも感じてしまう場合もあります。その代表的な例が疼痛性障害です。
事故などで手足をやむを得ず手足を切断した場合などはその後神経がないはずなのに痛みを感じる場合がありますが、それとは異なり全く意味のない痛みを出していることが疼痛性障害にはあるのです。このような痛みを感じる場所は人によってそれぞれ異なりますが、基本的には手首や足、指などに発生することが多く、痛みの種類も様々なものがあります。例えば、ビリビリ痺れているような痛みを感じる場合や、ズキズキするような痛みを感じる場合、焼けるように熱い痛みなど疼痛性障害では人によってそれぞれ違う痛みを感じるのです。
そんな痛みは一般的な痛み止めでは対処することができません。そのため特殊な痛み止めが開発されました。
疼痛性障害などを治すことができたとしてもこのような特殊な痛みを抑えることができるので、非常に効果がありますが、実際に疼痛性障害であったとしてもこのような痛み止めを利用することによって痛みを抑えることができるのです。