疼痛性障害を治すために~ブレインサクセスオペレーション~

医者と赤い服の女性

身体表現性障害を学ぶ

スーツの男性

日常生活で普通に生活することができていたとしても、急な痛みや吐き気などが止まらなくなって自分だけでは対処できなくなってしまうことがあるのです。そんな自分では止められない症状がある場合も身体表現性障害と言います。このような症状は精神疾患の1つであり、それぞれ違う特徴があるのです。例えば、疼痛性障害であれば、息をすることも困難になるほど激しい痛みがする場合や、痺れて感覚がなくなってしまうようなことがあるため日常生活を普通に送ることができなくなってしまいます。または、視覚や嗅覚、筋肉などが麻痺した状態になる転換性障害なども身体表現性障害の1つなのです。他にも身体表現性障害はたくさんありますが、すべて自分で症状をコントロールできない状態なのです。疼痛性障害は女性がかかる可能性が高いと言われており、その原因はストレスなどが影響しているのではないかと考えられています。転換性障害の場合は、大人になる前の思春期にかかることが多いと言われていますが、その確率は1パーセントにも満たないのです。また疼痛性障害と同じように男性よりも女性のほうが発症する確率が高いと言われています。このような身体表現性障害になりやすい人はデリケートな人が多いといわれている場合や、生活環境の変化が激しい人などが多いと言われているのです。特にストレスは様々な疾患の原因になりやすいので、定期的に対処できるようにならなくてはいけません。ストレスが発散できていると感じるのは、人によってそれぞれ異なります。例えば、同じように友達とスポーツをしても楽しいと感じる人と楽しくないと感じるのは人によって感覚が違うからなのです。ストレスを発散するのであれば、自分がやっていて楽しいと感じるもの、または集中して時間が経つことを早く感じるものを選ぶようにしましょう。それでも身体表現性障害になってしまった場合には、病院で対処することが一般的ですが、心理教育などが効果を発揮するともいわれているのです。また1人でこのような疾患を治そうとしてもなかなか上手くいかないものです。そこで、周りにもサポートしてもらうように協力を呼びかけてみましょう。