疼痛性障害を治すために~ブレインサクセスオペレーション~

医者と赤い服の女性

受診する準備

医者

自分が疼痛性障害の可能性があると感じた場合や、原因不明の痛みに襲われた場合には、病院に通い治療してもらうことが一般的です。しかしどの診療科に受診すべきか判断しなくてはいけないので、痛みに関する情報をしっかりまとめておく必要があります。また頭の中だけで考えると忘れてしまうこともあるので、紙に書き出しておくことが大切なのです。疼痛性障害などの痛みに関する病気は基本的に整形外科などで対処してもらえます。また最近では痛みを専門に対処している診療科もできたので、このようなクリニックに相談してみましょう。このようなクリニックが自宅の近くにない場合には普段利用している、かかりつけ医に尋ねてみることも1つの手段です。次に自分の行くべきクリニックがわかったら問診に症状などを記入する必要があります。
ここで、自分のまとめておいた症状を書き出すのですが、感じ方などは人それぞれことなる部分などので、それを判断するために「評価スケール」と呼ばれるものが利用されます。これに記入することによって、医者はどれぐらい痛いのかを判断できるようになるので、どんなものなのかネットで確認してみましょう。
診察の時間になれば、専門医が体調を確認したり、患部を詳しく調べてくれるので痛みの原因に近づけるのです。このとき様々な検査を行なう場合がありますが、基本的に痛みに関する情報だけではなく、視覚や聴覚、感覚などが鈍っていないかも確認することができるのです。
症状がハッキリ確認できれば、医師はそれに合わせて治療をしてくれるのです。
疼痛性障害などのように痛みが続いてしまう場合には、その状態を一度の治療で改善することは困難です。そのため何度かそのクリニックに通い治療する必要があります。治療を行なうときには、自分がこの症状を治すことによって具体的にどんなことをしたいのか医師に話しておく必要があります。そうすることによって、医師もどれぐらいの期間で治療するのか目標を設定することができるからです。どんな痛みでも焦って対処しようとすると逆に悪くなってしまうこともあるので、医師と一緒にゆっくり対処するようにしましょう。